節税シミュレーション

iDeCoで積み立てられる金額(step1)
所得控除による節税金額(step2)
資産運用によって期待できる利益(step3)を
シミュレーションしましょう

Step1.個人型確定拠出年金
(iDeCo)の上限金額の確認

Q:あなたの職業を選択してください。

自営業
公務員
専業 主婦・主夫
企業年金がない※
会社員
企業型確定拠出年金のみがある
会社員
企業年金がある※
会社員

※ 企業年金とは確定給付企業年金や厚生年金基金などを指します。

※ 企業年金があってもiDeCoに加入出来ます。企業型確定拠出年金のある企業にお勤めの方は、お勤め先の規約等によって、加入できない場合があります。詳しくはお勤め先の年金のご担当者にご確認ください。

あなたのiDeCoの毎月の
上限金額は です
(掛金は5,000円から1,000円単位で自由に決められます)

Step2.毎年の節税金額の試算

Q:あなたの年齢をご入力ください。

※15 ~ 59歳の間でご入力ください。

Q:あなたの年収をご入力ください。

万円

※100 ~ 2000万円の間でご入力ください。

Q:あなたの毎月積み立てたい
金額をご入力ください。

円/月

あなたの1年間の
節税額は円です。

60歳までの節税額の
合計は円です。

あなたは年積立を
おこなうことになり
円が積立元金となります。

Step3.資産運用によって
期待できる利益の確認

60歳で円受け取れます。
利回り(年率)1%の場合

60歳で円受け取れます。
利回り(年率)3%の場合

60歳で円受け取れます。
利回り(年率)5%の場合

※ 試算される節税額は概算となります。実際に節税できる金額は所得・住民税の課税額によって変動します

※ 試算される資産額は概算となります。実際に受け取れる金額は運用結果によって変動し、元本を下回る可能性もあります

※ iDeCoでは口座管理手数料と信託報酬の二つの手数料が発生します。この試算ではこれらの手数料は考慮しておりません

※ 税率は平成30年8月1日現在の税率にて試算しています。税率が変更となった場合には結果も異なりますので、ご了承ください。

※ 復興特別所得税は考慮していません。企業年金とは確定給付企業年金や厚生年金基金などを指します。